安曇野観光情報のロゴ
 
トップページ
エリア別情報
豊科地域(とよしなちいき)
穂高地域(ほたかちいき)
堀金地域(ほりがねちいき)
三郷地域(みさとちいき)
明科地域(あかしなちいき)
池田地域(いけだちいき)
松川地域(まつかわちいき)
宿泊空室情報

近隣の観光情報
松本観光情報
木曽路観光情報
北信濃観光情報
 


 
 
 
 
 

堀金地域 (ほりがねちいき)

堀金

常念岳や蝶ヶ岳への登山口

 安曇野のシンボル常念岳(2,857メートル)と、その南に連なる蝶ヶ岳(2,677メートル)への登山口で知られる景勝の地、烏川渓谷、須砂渡。その須砂渡入口には「日本近代登山の父」といわれる英国人宣教師、ウォルター・ウエストンの胸像があります。ウエストンは明治27年、ここ堀金の大庄屋山口家に泊まり、外国人として初めて常念岳に登頂しました。須砂渡周辺には「国営アルプスあづみの公園」や「県営烏川渓谷緑地」が整備され、安曇野の自然や生活などの観察・学習体験や、渓谷沿いを散策しながら自然観察もできます。また、公園近くにある公共の温泉宿泊施設「ほりでーゆ~四季の郷」は、日帰り入浴もでき周辺にはコテージやキャンプ場、パターマレットゴルフ場などもあり、ゆったりとした休日をお過ごし頂けます。堀金からのお帰りには「道の駅・アルプス安曇野ほりがねの里」の隣にある「旬の味ほりがね物産センター」で、採れたての旬の野菜や果物、農産加工品をお土産にどうぞ。

 

道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」

 道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」は、安曇野のほぼ中心に位置し西方には北アルプスの常念岳、蝶ヶ岳が眺望でき年間を通し四季折々の変化が満喫できる場所です。
 物産センターをはじめとして、情報交流室、臼井吉見文学館、公園駐車場等の施設が整備されています。

【問い合わせ先】
道の駅旬の味堀金物産センター 電話 0263-73-7550
【営業・開館時間】
6月から9月 午前7時から午後6時
10月から5月 午前8時30分から午後5時
【営業・開館期間】
定休日なし(大晦日から年始2週間を除く)

 

ほりでーゆ~四季の郷

 北アルプスの山々を望み、緑ゆたかな田園風景が広がる安曇野・堀金。
 常念岳に源を発する烏川渓谷・須砂渡(すさど)にある「ほりでーゆ~四季の郷」は、天然温泉を利用した温泉宿泊施設です。
 本館に加え南館の施設も充実し、快適な旅のくつろぎの時間をお過ごしいただけます。
 近くにはキャンプ場、オートキャンプ場、コテージなどもあり、渓流釣りやアウトドアライフも楽しめます。
 常念岳や蝶ヶ岳の登山基地に、松本や上高地、穂高や白馬など広域の観光の拠点にと、どうぞご利用ください。

【問い合わせ先】
ほりでーゆ~四季の郷 電話 0263-73-8500
【入館料・料金等】
入浴料
高校生以上500円
小中学生300円
【営業・開館時間】
入浴
午前10時から午後9時30分まで(受付は午後9時まで)

 

情報募集中

 現在、信州・安曇野(あづみの)の観光情報を発信するWebサイト(ホームページ)を制作しています。信州のほぼ中央に位置する安曇野(あづみの)は、東京はもちろんのこと、大阪や名古屋からも3~4時間ほどで訪れることができる場所です。
 さわやかな風が吹き抜ける安曇野(あづみの)で、家族水入らずでキャンプを楽しんだり、のんびり温泉に浸かるのはいかがでしょう。
 忙しい大都会の生活から抜け出して、信州・安曇野(あづみの)へリフレッシュしにいらっしゃいませんか!

 只今、「安曇野観光情報」では、リゾート地で食事が出来る、レストランやカフェの情報を募集しております。また、旅の思い出に、安曇野(あづみの)でしか買えないグッズを扱っているお土産やさんも募集しております。オススメのお店がありましたら、ぜひ、ご連絡をお願いします。

 自薦・他薦を問いません。「お客様へオススメのお料理があるんですけど・・・とか、新しいお店がオープンしました!」などの情報も大歓迎です。旅行者のみなさまへの情報提供と、地元のみなさまの商売繁盛のために、「安曇野観光情報」Websiteをご利用ください。時間の許す限り、取材におうかがいいたします。スタッフ一同、お待ちしております。

 

 

 

 
             
     
 
このサイトについて会社概要お問い合わせサイトマップリンクについて広告のご案内
Copyright (C) 2012 Azumino Tourist Information. All Rights Reserved.